なぜ自毛植毛が選ばれているのか

正しい判断基準と正しい知識で、間違った薄毛治療が何かを知りましょう。

自毛植毛が選ばれる理由のひとつに、
男性型脱毛診療ガイドラインによって認められた
医学的根拠が挙げられます。

街を見渡せば薄毛解消を謳う様々なサービスや商品があふれていますが、これらの中には科学的根拠に乏しいものが数多く見られます。
こうした効果の期待できないサービス・商品による健康被害や金銭トラブルを減少させるため、日本皮膚科学会では2010年に男性型脱毛診療ガイドラインを公表しました。

男性型脱毛診療ガイドラインとは

自毛植毛は医学的に有効性が認められた、確かな治療

この男性型脱毛診療ガイドライン策定においては過去の論文や症例研究から、それぞれの薄毛解消のメカニズムに医学的に根拠があるのか、臨床結果により効果があることが示されているかを基準に 「行うよう強く勧められる」「行うように勧められる」「行うことを考慮してもよいが、十分な根拠がない」「根拠がないので勧められない」「行わないよう勧められる」の5段階で推奨度を分類しています。

男性型脱毛症診療ガイドライン 2010年度版
治療法 評価 使用について 効果について
ミノキシジル外用 A 強く勧められる 既存毛に対して育毛を促進
フィナステリド内服 AGAの進行を遅らせる
自毛植毛 B 勧められる 無毛部位に自身の毛髪を移植する
塩化カルプロニウム外用
t-フラバノン外用
アデノシン外用
サイトプリンペンタデカン外用
ケトコナゾール外用
C1 考慮してもよいが、
十分な根拠がない
セファランチン外用 C2 根拠がないので勧められない
人口植毛 D 治療法として行わないように
勧められる

男性型脱毛症診療ガイドライン 2010年度版

ミノキシジル外用
評価

A

使用について

強く勧められる

効果について

既存毛に対して育毛を促進

フィナステリド内服
評価

A

使用について

強く勧められる

効果について

AGAの進行を遅らせる

自毛植毛
評価

B

使用について

勧められる

効果について

無毛部位に自身の毛髪を移植する

塩化カルプロニウム外用/t-フラバノン外用/アデノシン外用/サイトプリンペンタデカン外用/ケトコナゾール外用
評価

C1

使用について

考慮してもよいが、十分な根拠がない

セファランチン外用
評価

C2

使用について

根拠がないので勧められない

人口植毛
評価

D

使用について

治療法として行わないように勧められる

この男性型脱毛診療ガイドラインにおいて、自毛植毛は薄毛に対しての効果が医学的に認められ、ミノキシジル・フィナステリドに次いで「行うように勧められる」との高い評価を得ています。

朝日新聞2010年4月14日の記事
朝日新聞2010年4月14日

育毛剤、内服薬で効果が見られなくても、
自毛植毛なら改善できます。

ガイドラインで勧められているミノキシジル(育毛剤)やフィナステリド(内服薬)ですが、誰でもどんな状態でも効果が期待できる治療というものではありません。ミノキシジルは頭皮の毛細血管を拡張させ、既存の毛根へ栄養を届けやすくすることが主な効能のため、すでに死滅してしまった毛根には効果がありません。
また、フィナステリドは通常の男性ホルモンからAGAの原因となるDHTを産生する5α還元酵素の働きを阻害してAGAの進行を抑えるので、既存毛の維持には高い効果がありますが、すでに髪が生えなくなってしまった部分では高い効果は期待できません。
つまり、どちらも髪をゼロにしないための治療といえます。また効果には個人差があり、誰でも効果が期待できる治療ではありません。
これに対し、自毛植毛は髪の薄くなった箇所に健康な髪を植え替える外科的治療であり、すでに髪がなくなってしまった箇所にも新たな髪を生やすことができる唯一の治療法です。
ガイドラインでもミノキシジル・フィナステリドを1年間続けても効果が見られない場合には自毛植毛による治療を勧めています。
また、自毛植毛の効果には個人差がないため「誰でもどんな状態からでも薄毛解消の効果が期待できる、ゼロからプラスを生み出す」治療といえます。

薄毛の知識

トピック

無料カウンセリングはこちら
無料カウンセリングはこちら