自毛植毛の概要と発毛のメカニズム、自毛植毛のメリットとは

行動に移す秘訣。まずは「知る」こと。

自毛植毛のメカニズム

「自分の髪を移すだけ」のシンプルな治療

自毛植毛の移植の図
自分自身の毛髪だからずっと生え続ける

通常、AGAはテストステロンという男性ホルモンが5α還元酵素という酵素によって変換されたDHT(ジヒドロテストステロン)という物質によって引き起こされます。しかし、後頭部・側頭部の髪の毛はこのDHTの影響を受けにくいことが明らかになっています。前頭部の薄毛がかなり進行したとしても、後頭部・側頭部の髪はもとのまま生え続けているのはこのためです。この後頭部・側頭部の元気な髪を毛包ごと薄くなった箇所に移植すると、移植された毛包はDHTの影響を受けにくいため、髪はもともとの性質のまま一生涯正常な成長サイクルを繰り返します。これが自毛植毛のメカニズムです。「健康な髪が、そのまま別の場所で生え続けるだけ」という、実にシンプルな治療ですので、安全性も高く術後に特別なメンテナンスをする必要もありません。

押さえておきたい自毛植毛のつのメリット

  • メンテナンス不要
  • 一度の施術で
    維持コストが掛からない
  • 自分の髪なので安全
    ヘアスタイルも自由自在

自毛植毛を勧める理由

当院医師 坂本
当院医師 坂本
薄毛解消の近道であり切り札

男性である以上、一度AGAを発症してしまうと自然にその進行が止まることはありません。前頭部・頭頂部に薄毛が広がり、全体的にボリュームもなくなっていきます。
しかし、自毛植毛で移植した髪はもともとの性質のまま生え続けるため、AGAが進行してもコシのある元気な髪を維持できます。
移植本数や移植箇所を調整することで、もとの髪と馴染ませながら生え際を改善したり、薄くなった箇所をボリュームアップして自由な髪型を楽しむこともできるので、まさに薄毛解消の切り札といえるでしょう。

自毛植毛の歴史

1970年代は数十本単位で採取。現代では1つの毛包単位での採取が可能。

自毛植毛は長年に渡る研究の賜物。

自毛植毛が一般的に認知され始めたのは1990年代以降のことですが、実はその歴史は古く1800年代には脱毛治療に皮膚移植が提案されています。
その後1939年に日本の奥田医師が自毛植毛に関する優れた研究を残し、この成果を米国医師ノーマン・オレントライヒ博士が男性型脱毛症の治療法として発展させ、1970年代より自毛植毛による男性型脱毛症の治療が世界に広がりました。
当時の自毛植毛はパンチグラフトで数十本の毛髪を含んだ頭皮を一度に切離、移植していたため採取部・移植部ともに不自然さが目立つ手術でしたが、今日にいたるまでに様々な試行錯誤・改良が加えられ、現在では1つの毛包単位で採取・移植するFUEが主流となりました。
当院のi-directもFUEをベースに「採取」「ホールの作成」「移植」、それぞれのパートで改良を行い、より精度の高い自毛植毛を追求しています。

i-directロゴ

i-direct法は、高い生着率を実現するための最善の方法を組み合わせたアイランドタワークリニックの自毛植毛法です。

薄毛解決の鍵を握る自毛植毛は、
その他の薄毛治療にない特徴があります。

自毛植毛は、元気な毛髪を気になる薄毛部分に移植をすることで髪の毛のボリュームを再配置する外科的な治療法です。
AGAの影響を受けにくい毛髪は、移植先でもその性質を引き継ぐ為、その後も元気に生え続けます。
内服薬での治療とは違った形で、薄毛の解消にアプローチすることができますので、これまでの薄毛治療に満足できなかった方や、個人差が少ない外科的治療をご希望の方は是非ご検討ください。

薄毛の知識

トピック

無料カウンセリングはこちら
無料カウンセリングはこちら