メリット・コスト面での自毛植毛と内服薬治療の比較

アイランドタワークリニックの自毛植毛は、
高い生着率を実現するための最善の方法を組み合わせた薄毛治療です。

「勧められる」との評価を受けているからこそ
お勧めしたい理由がここにあります。

男性型脱毛診療ガイドラインをご覧になった方であれば、AGAの治療に自毛植毛が効果があることはご理解いただけたと思います。
ここでは、薄毛対策に有効とされている自毛植毛と内服薬それぞれのメリット・デメリットをご紹介いたします。

自毛植毛と内服薬の比較

脱毛症診療ガイドラインでAGAに勧められるとされている自毛植毛と内服薬ですが、その効果の出方などには違いがあります。
その違いを比較して、自分に最適な薄毛治療法を選択してください。

内服薬 自毛植毛
区分 内科的治療 外科的治療
効果 薬の成分がAGAの原因となる男性ホルモンの生成を抑えて薄毛の進行を抑制します。短くなってしまったヘアサイクルの改善も期待できますが、すでになくなってしまった毛髪の再生は難しいと言われています。 AGAの影響を受けない側頭部・後頭部の毛髪を薄毛が進行した箇所に移植します。狙った箇所の髪を増やすことができるので、ご希望のデザインにすることが可能です。また、移植した毛髪はAGAの影響を受けないので、半永久的に生え変わりつづけます。
デメリット 効果の出方には個人差があり、男性のリビドー減少などの副作用も確認されています。効果の確認には半年間の継続使用が必要です。 高度な技術を必要とする外科的治療のため、植毛の設備を持った医療機関でしか受けられません。また、技術のない医者が行うと不自然な仕上がりになる場合があります。
コスト 処方にあたって医師の診察が必要です。使用している間のみ効果が継続するため、服用を止めてしまえば、また薄毛が進行します。 外科的治療のため施術の費用は高額ですが、一度の治療で気になる箇所の薄毛を解消することができます。
  • 内服薬

    区分

    内科的治療

    効果

    薬の成分がAGAの原因となる男性ホルモンの生成を抑えて薄毛の進行を抑制します。短くなってしまったヘアサイクルの改善も期待できますが、すでになくなってしまった毛髪の再生は難しいと言われています。

    デメリット

    効果の出方には個人差があり、男性のリビドー減少などの副作用も確認されています。効果の確認には半年間の継続使用が必要です。

    コスト

    処方にあたって医師の診察が必要です。使用している間のみ効果が継続するため、服用を止めてしまえば、また薄毛が進行します。

  • 自毛植毛

    区分

    外科的治療

    効果

    AGAの影響を受けない側頭部・後頭部の毛髪を薄毛が進行した箇所に移植します。狙った箇所の髪を増やすことができるので、ご希望のデザインにすることが可能です。また、移植した毛髪はAGAの影響を受けないので、半永久的に生え変わりつづけます。

    デメリット

    高度な技術を必要とする外科的治療のため、植毛の設備を持った医療機関でしか受けられません。また、技術のない医者が行うと不自然な仕上がりになる場合があります。

    コスト

    外科的治療のため施術の費用は高額ですが、一度の治療で気になる箇所の薄毛を解消することができます。

比較からわかる自毛植毛の特徴

維持コストなしで効果が持続する自毛植毛

内服薬の場合...継続して薬を服用する必要があるためコストが積み重なり、長期間で見れば思った以上に高額になるケースも。自毛植毛なら一度の施術で生涯生え続けるため、維持コストがかからない

薄毛に対する医療以外の手段には、医学的に薄毛を解消する薄毛治療と一時的に薄毛を解消する手段があります。
医学的な薄毛治療については、日本皮膚科学会発行の男性型・女性型脱毛症診療ガイドラインに、過去の治療報告や副作用の有無・程度などをもとに効果が期待できる治療かどうかがまとめられています。
ガイドラインによれば上記のフィナステリド・デュタステリド内服、自毛植毛どちらも効果が期待できる治療とされています。
この2つの治療の大きな違いは、治療の効果の出方にあります。薬を飲み続ける必要がある内服薬治療とは異なり、自毛植毛では一度移植してしまえば移植された髪は一生涯生え続けますので、維持コストがかかることはありません。
さらに、移植箇所や本数によりますが、一度の施術で大量の髪を移植することもできますし、移植された髪は自然に生え揃ってくるため、生えるまでの期間も仕上がりも自然で周囲に気付かれる心配もほとんどありません。
まさに「一度してしまえば、後の心配がいらない」薄毛の解消法だといえるでしょう。

自毛植毛は、医療で確立された、効果が認められる薄毛治療。

薄毛(AGA)への効果が医学的に認められている治療法
(脱毛症診療ガイドラインより)
フィナステリド・デュタステリド、ミノキシジル外用、自毛植毛、LED・低出力レーザー照射の4つ以外の治療法は医学的に認められていない

薄毛の解消法には自毛植毛のほか、医学的に効果が認められる外用薬・内用薬による治療、発毛サロン、増毛など様々な種類があります。
このうち日本皮膚科学会の脱毛診療ガイドラインで有効性が認められ、「勧められる」とされている治療法はフィナステリド・デュタステリド、ミノキシジル外用、自毛植毛、LED・低出力レーザー照射の4つだけです。これらの薄毛治療は数多くの症例報告によって治療の有用性が明確に示されていることや副作用が軽微なことから、多くの医師によって勧められています。

一方、よく広告で「生えました」「発毛を感じられる」などの表現が目を引く薄毛解消手段もありますが、このガイドラインを見る限り「勧められる」治療とはなっていません。
やはり医学的な臨床効果やエビデンス(科学的根拠)が明確ではないことや、そもそも治療とは呼べない内容であることがその一因となっているのでしょう。勧められる治療にはそれなりの理由があるものです。
治療を選択される際には、こうしたガイドラインも参考にされるといいでしょう。

薄毛の知識

トピック

無料カウンセリングはこちら
無料カウンセリングはこちら