他の薄毛対策との比較

アイランドタワークリニック独自の自毛植毛は、
高い生着率を実現するための最善の方法を組み合わせた薄毛治療です。

「勧められる」との評価を受けているからこそ
お勧めしたい理由がここにあります。

男性型脱毛診療ガイドラインをご覧になった方であれば、AGAの治療に自毛植毛が効果があることはご理解いただけたと思います。
ただし、巷にはガイドラインでは取り上げられていない“医学的手段”以外の薄毛対策が溢れています。
ここでは、そうした治療以外の対処策と比較しての自毛植毛のメリットについてお話しします。

自毛植毛と他の薄毛対策との比較

下記に主な薄毛対策、薄毛治療法についての比較表を作成しました。どの薄毛治療にもメリットとデメリットがありますので、
その違いを比較し、理解することで、自分に最適な薄毛治療法を選択してください。

育毛剤 かつら・増毛 発毛サロン 内服薬 自毛植毛
区分 非医療 非医療 非医療 内科的治療 外科的治療
効果 ミノキシジルのみ、頭頂部の薄毛に対して医学的な効果が認められている。 毛量が増えたように見せる効果はあるが、根本的な解決にはならない。 医学的根拠はなく、効果については個人差が大きく、効果が実感できない場合も多い。 薄毛の進行を抑制することが可能。すでになくなった毛の再生は難しい。 毛髪の移植により薄毛の解消が可能。移植毛は半永久的に生え変わる。
デメリット 頭皮のかゆみや、循環器系の副作用が報告されている。 かつら使用が発覚することへの悩み。既存の毛に対する負担が増え、薄毛が進行。 自宅でのケアが必要になる場合も多く、手間がかかる。 個人差はあるが副作用も確認されている。効果の確認に半年間の継続使用が必要。 外科的治療のため専門の医療機関でしか受けられない。
コスト 低額の初期費用ではじめることができる。継続使用が必要。 オーダーメードのため単品で50万円以上。維持コストが高額。 継続的に高額なコストがかかる。コストと効果が比例しない。 処方にあたって医師の診察が必要。使用している間のみ効果が継続。 施術費用は高額だが、一度の治療で薄毛の解消が可能。
  • 育毛剤

    区分

    非医療

    効果

    ミノキシジルのみ、頭頂部の薄毛に対して医学的な効果が認められている。

    デメリット

    頭皮のかゆみや、循環器系の副作用が報告されている。

    コスト

    低額の初期費用ではじめることができる。継続使用が必要。

  • かつら・増毛

    区分

    非医療

    効果

    毛量が増えたように見せる効果はあるが、根本的な解決にはならない。

    デメリット

    かつら使用が発覚することへの悩み。既存の毛に対する負担が増え、薄毛が進行。

    コスト

    オーダーメードのため単品で50万円以上。維持コストが高額。

  • 発毛サロン

    区分

    非医療

    効果

    医学的根拠はなく、効果については個人差が大きく、効果が実感できない場合も多い。

    デメリット

    自宅でのケアが必要になる場合も多く、手間がかかる。

    コスト

    継続的に高額なコストがかかる。コストと効果が比例しない。

  • 内服薬

    区分

    内科的治療

    効果

    薄毛の進行を抑制することが可能。すでになくなった毛の再生は難しい。

    デメリット

    個人差はあるが副作用も確認されている。効果の確認に半年間の継続使用が必要。

    コスト

    処方にあたって医師の診察が必要。使用している間のみ効果が継続。

  • 自毛植毛

    区分

    外科的治療

    効果

    毛髪の移植により薄毛の解消が可能。移植毛は半永久的に生え変わる。

    デメリット

    外科的治療のため専門の医療機関でしか受けられない。

    コスト

    施術費用は高額だが、一度の治療で薄毛の解消が可能。

比較からわかる自毛植毛法の特徴

維持コストなしで効果が持続する自毛植毛

かつらや増毛の場合…かつらや増毛はかえって髪にダメージを与え続け、一時的な解決にしかならず結果的にコストがかかる。自毛植毛なら一度の施術で生涯はえ続けるのでコストもかからない

薄毛に対する医療以外の手段には、かつらや増毛など一時的に薄毛を解消できる方法もあります。
これらは医学的な手段と比較して簡単であり、すぐに薄毛を目立ちづらくするというメリットはありますが、どちらもメンテナンス費など継続して費用がかかる割には根本的な解決策にはなりません。
また、その不自然さから“隠している”ことを周囲に気付かれてしまうというデメリットもあります。
さらに、どちらも“かぶせる”“結ぶ”といった方法でまだ元気な自分の髪にも負担をかけてしまうため、さらに薄毛が進行してしまう可能性もありますので注意が必要です。
これらの対処策と比較して、医学的な薄毛対策である自毛植毛は一度移植してしまえば移植された髪は一生涯生え続けますので、維持コストは全くかかりません。
さらに、移植箇所や本数によりますが、一度の施術で大量の髪を移植することもできますし、移植された髪は自然に生え揃ってくるため、生えるまでの期間も仕上がりも自然で周囲に気付かれる心配もほとんどありません。
まさに「一度してしまえば、後の心配がいらない」薄毛の解消法だといえるでしょう。

自毛植毛は、医療で確立された、確実に「生える」唯一の技術。

薄毛(AGA)への効果が医学的に認められている治療法
(男性型脱毛診療ガイドラインより)
ミノキシジル、フィナステリド、自毛植毛の3つ以外の治療法は医学的に認められていない

薄毛の解消法には自毛植毛のほか、医学的に効果が認められる外用薬・内用薬による治療、発毛サロン、増毛など様々な種類があります。
このうち日本皮膚科学会の男性型脱毛診療ガイドラインでも有効性が認められている治療法はミノキシジル、フィナステリド、自毛植毛の3つのみとなっています。
これら以外については医学的な根拠がない、そもそも医学的手段ではないなどの理由から男性型脱毛症(AGA)の“治療”としては認められていません。

よく育毛剤や発毛サロンなどの広告で「生えました」「発毛を感じられる」などの表現が見られることもありますが、医学的には臨床効果やエビデンス(科学的根拠)が明確ではないというのが多くの医師の見解です。
それに比べ、自毛植毛はどのように毛が生えるかのメカニズムも明確で、その根拠もしっかり示されているため多くの医師によって勧められているのです。

薄毛の知識

トピック

無料カウンセリングはこちら
無料カウンセリングはこちら