AGAとは

正しい薄毛対策をするために、
まずは薄毛の原因であるAGAについて正しく理解することが大切です。

まずはAGAについて
知っていただく事が大切です。

-AGA(男性型脱毛症)とは成人男性に多く見られる脱毛症です。

男性型脱毛症の発生頻度は、過去の統計的な研究から20代で約10%、30代で20%、40代で30%、50代以降で40数%と報告されており、この結果から、現在日本の成人男性の3分の1以上の方が訴える抜け毛や薄毛の悩みは、そのほとんどがAGA(男性型脱毛症)が原因の薄毛とされています。

薄毛の原因AGA

AGAの影響によるヘアサイクルの変化

AGAの影響によるヘアサイクルの変化図

通常、髪は一定期間(通常2年〜7年)をかけて成長期に長く太く成長し、退行期、休止期、脱毛を経て、新たな毛に生え変わるヘアサイクルを繰り返しますが、AGAを発症した毛根では生え際・頭頂部の髪の成長期は短くなり、成長しきる前に抜けてしまうヘアサイクル(数ヶ月〜1年)に変わってしまいます。さらにAGAが進行すると成長期がより短くなって弱い毛しか生えなくなり、新たな成長期が開始されない死滅した毛包も増えていき、最終的に産毛程度の髪すら生えていない状態が広がっていきます。AGAは進行性の症状のため、一度発症してしまうと薬以外の方法で抑制することはできません。完全な治療もできないため、薬の服用を止めれば再度進行を始めます。

AGA発症のメカニズムの図

男性ホルモンが
AGA発症の鍵を握る。

AGAの原因は男性ホルモン

このAGAを引き起こしているのは、「DHT(ジヒドロテストステロン)」という悪性の男性ホルモン。DHTは通常の男性ホルモンであるテストステロンが、頭皮に存在する5α還元酵素によって変換されてできます。
このDHTが毛乳頭内のアンドロゲンレセプターに反応すると、毛母細胞の自殺を促す指令が発されて成長期から突然退行期へと誘導され、成長しきる前に髪が抜けてしまうのです。
通常、5α還元酵素は生え際や頭頂部に多く存在しているため、これらの箇所から薄毛が進行します。
5α還元酵素の活性とアンドロゲンレセプターの感受性には遺伝による個人差があり、人によって薄毛になりやすい人とそうでない人がいます。
しかし、どちらも男性であれば誰しもが持っているものなので、誰でもAGAになる可能性があるといえるでしょう

遺伝的に大丈夫でも安心できない脱毛プログラム説

また、現在では脱毛は遺伝子にプログラムされており、加齢やストレス、生活習慣が誘因になってAGAを発症するという脱毛プログラム説も一般的になっています。まるでがん細胞のように誰もがAGAの発症リスクを抱えており、何かのきっかけでスイッチが入ってしまうとAGAを発症してしまうのです。いずれにしても、AGAにはいくつもの誘因があるので、まったく安心と言える人はいないのではないでしょうか。

薄毛の知識

トピック

無料カウンセリングはこちら
無料カウンセリングはこちら