院長紹介

患者様一人一人に合わせた薄毛解決に向き合わせて頂きます。

院長紹介

一人で悩まず、今後の治療について
一緒に考えていきましょう。

院長 安倍徳寿 Norihisa Abe
安倍ドクターによるカウンセリングの様子
一番大事なのは、
患者様が今後どうしていきたいかという、
ご自身のお気持ちです。

私は、形成外科専門医として、様々な組織移植を行って参りました。
その中で、我々が医療として実践している自毛植毛という技術は毛髪が失われてしまった部位に、再び毛髪を生やすことができる現在唯一の薄毛対策であると確信しています。
しかし、一番大事なのは患者様がどこに不安を持ち今後どうしていきたいかという、患者様自身のお気持ちです。来院される方々は、少し薄毛が気になっているなという程度の方から深刻に悩まれている方まで幅広くいらっしゃいますが、当院では患者様一人一人のお気持ちを大切にしながら、今後の治療を一緒に考えて参ります。

経歴
2004年
昭和大学医学部 医学科 卒業
2006年
同大学病院形成外科学教室 入局
全国各地の医局関連病院形成外科
美容外科で勤務
2010年
昭和大学大学院医学研究科 卒業
医学博士
2011年
横浜労災病院 形成外科 医長
2014年
アイランドタワークリニック 勤務
2015年
アイランドタワークリニック大阪院院長 就任
ドクターインタビュー
植毛手術に対するこだわりは?

形成外科専門医として、いかに綺麗に創傷を治癒させるか、いかに確実に移植組織を生着させるかという医療に力を注いで参りました。毛を生やす組織の移植手術においても、美しい仕上がりを求めた手術を行うことにこだわりを持っております。そのためには、綺麗にグラフトを採取し、綺麗にホールを作成することが重要です。患者様のご希望にあわせたデザインを行い、常に丁寧かつ鮮やかな施術を行うよう心がけております。

患者様との対話で意識している事は?

採取できるグラフトの数は無限ではありません。有限のグラフトを採取するにあたり、できるだけ少ない株数で最大限の効果を発揮させたいと考えております。患者様個々のご希望をしっかりとヒヤリングさせて頂き、ご希望に合わせた最適なご提案が出来るよう意識しております。

ドクター紹介

一人で悩まず、今後の治療について
一緒に考えていきましょう。

副院長 成井裕弥 Yuya Narui
経歴
2001年
順天堂大学医学部卒業
医師免許取得
2006年
順天堂大学大学院医学研究科(耳鼻咽喉科)卒業
医学博士号取得
2006年
順天堂大学付属静岡病院助救
2010年
都内クリニック勤務
2014年
アイランドタワークリニック入職
2015年
アイランドタワークリニック大阪院 副院長就任
ドクターインタビュー
植毛手術に対するこだわりは?

私は特に「ホール作成」にこだわりを持って施術を行っています。ホール作成は、移植する毛髪のデザインや生着率に関わりますが、それ以外にも、既にある髪の毛への影響もあります。施術時に既存の毛髪の細胞を傷つけてしまえば、その髪の毛は今後生える事もなく、結果的に薄毛の改善はされません。今ある髪の毛も大事にする事で、植毛による効果を最大限に引き出します。

患者様との対話で意識している事は?

植毛を行う事で気になる薄毛部分の改善はできますが、現在ある髪の毛も可能な限り残せるよう、出来る事はしていかなければなりません。薄毛の改善に効果がある医薬品や、生活環境、食事などについてもアドバイスさせて頂く事で、将来にわたって悩みのない明るい人生が過ごせるよう、患者様の薄毛へのコンプレックス解消についてじっくりとお話させて頂きたいと思っています。

クリニック情報

トピック

無料カウンセリングはこちら
無料カウンセリングはこちら